【RFエンジニア育成所】無料メールマガジン

ここまで辿り着いたということは、・・・

 

もしかして あなたも、

”とにかくわかりやすい説明で無線や電気回路の知識を手に入れたい!”

と思っているのではないでしょうか?

 

 

 

そして、わざわざ ここまで来てもらったところ、本当に申し訳ないのですが、・・・

 

ここ、RFエンジニア育成所は、

質問するのも恥ずかしいような、無線や電気回路の基本的な知識を教えるところなので

 

少しでも無線・電気について、腕に覚えがあるのであれば、

今すぐこのページを閉じてください!

 

 

 

そして、もしあなたが 知識・経験ゼロの状態であり

「これから少しでも成長したい」と思っているのであれば、

 

もうちょっとこの先の文章も読んで見てください。

 

 

 

・独学での一陸技の攻略に「限界を感じている受験生」

⇒難解な参考書を使わずに、サクッと無線を勉強して「合格」できる方法があるのですが・・・

 

・短期間で成長して「職場で認められたい初心者の方」

⇒仕事で使える無線や電気回路の知識を今すぐ獲得するための「究極のイメージ」を知っていますか?

 

・無線の測定に苦手意識を持っている「測定オンチのあなた」

⇒自由自在に「測定器を使いこなす喜び」を感じるための魔法を信じますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

もし、ここまで文章を読んで見て「続きが気になったあなた!」

 

この度は、メルマガ登録 ありがとうございます!

 

 

 

このRFエンジニア育成所では、

あなたのような「自力での無線の知識を習得することが難しい方」

「一陸技の学習がうまくいかなくて悩んでいる方」に向けて

 

無線の学習を通じて、自分の成長を楽しみながら

仕事でも通用するあなたの無線の実力を育むため に無線を教えています。

 

 

なので、こうして興味を持ってくれたあなたを歓迎いたします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

改めて自己紹介です。

 

私は、無線を扱う企業の最前線で活躍しているプロのRFエンジニアです!

 

副業で無線の教育活動を行っているので、本名の公開は控えています!

 

なので、これからはどうぞ 私のことは「M所長」とお呼びください!

 

 

 

 

 

それではこれから、

 

RFエンジニア育成所で、無線を勉強していくことに興味がある”あなた”に向けて、

 

「RF=電波」を扱ううえで必須のノウハウをプレゼントしていきます!!!

 

 

以下に、YouTubeをはじめとした

 

私がRF初心者に向けて、わかりやすく教えた内容をまとめました!

 

 

 

なので、まずは 以下の教材で勉強して、

 

他の人に教えられるくらい、無線のイメージをインプットしていきましょう!

 

 

 

 

けっこう盛りだくさんの内容になりますが、興味がある人ならば、すぐに見終わってしまうかもしれません!

 

そして、ちょっとでも「自分には合わないな~」と思ったら、すぐに退出してOKです!

  

なので、ここから先は 「M所長と無線を本気で勉強してみたい!」と思った方だけご視聴ください!

 

 

 

 

一部、有料会員様向けの解説動画を使って、

 

「まず何から勉強したらいいのかすらわからない、超初心者」のあなたに

 

”今すぐ使える無線のノウハウ” を提供していきます!

 

 

 

そして、最後には 「お試し入会」のご案内があるので、ぜひ最後までご覧になってください!

 

 

  

 

今回、無料でプレゼントする「RFノウハウ」は、次の「8つ」です!

 

No.1「何故RFを学ぶのか?」

 

No.2「そもそも電波とは?」

 

No.3 「信号と雑音」

 

No.4「電波が届く距離」

 

No.5「信号の種類」

 

No.6「周波数」

 

No.7「何故RFを学ぶことは難しいのか?」

 

No.8「RFエンジニア育成所の教育クオリティ」を体感

 

Extra.1 「スペアナ解説」有料セミナー動画 200分![New!]

 

Extra.2 「EMC解説」有料セミナー動画 [New!]

 

Extra.3 「一陸技 対策セミナー」有料セミナー動画 [New!]

 

Extra.4 「LIVE配信セミナー」アーカイブ配信動画50本 [New!]

 


  

みなさん、携帯スマホ ←毎日使っていますよね?

 

今、このメルマガも、ほとんどの人がスマホで見ているはずです!

 

 

そして、私たちの身の回りを見渡してみると

 

世の中ほとんどのモノが、線を繋がずに

 

無線でやり取りできるようになっています!!!

 

 

 

ここで「電波」は、テレビラジオ、携帯(スマホ)だけではありません!

 

WiFiBluetoothSuica/PASMOだけでなく、

 

今では エアコンも 洗濯機も お掃除ロボットも、

 

何でもかんでもスマホから無線で簡単に操作できます!

 

 

そして、これらの無線通信はすべて「電波」を使って行われています!

 

 

 

これはつまり、今私たちが生きている世界では

 

電波を使った便利なモノに囲まれていて、

 

「電波がないと、世の中が成り立たない社会になっている!」

 

ということです!

 

 

 

 

そして、言葉を換えれば

 

私たちの生活が電波に溢れている数と同じだけの「無線を扱う仕事」があります!!!

 

 

 

そして、「無線を扱う仕事」の中で

 

真に「無線」を理解し、自在に扱うことができる人は

 

世の中でとても限られています!!!

 

 

 

その理由は、1人前のRFエンジニアになるには

 

『10年かかる!』と言われているほど、難しいからです!

 

 

それに引き換え、プログラマー1週間トレーニングすれば誰でもなれます!

 

現に、小学校でもプログラミングの授業が取り入れられ、子どものプログラマーがいる世の中ですし、

 

Chat GPTをはじめとしたAIを活用すれば、

プログラミングの知識がなくても、プログラムを作成することが可能です。

 

 

 

なので、プログラマーその他のエンジニアになるのに比べて

 

RFエンジニアになることは、膨大な時間と努力と経験が必要であり、とても難しい!

 

と言われています。

 

 

 

だからこそ、無線を究めれば世の中で重宝される、

 

転職活動すれば様々な有名企業からオファーをもらえる

 

 

不況の中、会社が潰れても、余裕で次の就職先が決まるような

 

非常に貴重な人財になれるのです!!!!!

 

 

 

 

そこで、RFエンジニア育成所では

 

そんな「マスターするのに10年かかる」と言われているRFについて

 

初心者でも習得できる勉強方法や 仕事で使えるテクニック

 

実際にM所長が勤める会社の新人・若手を育成しているノウハウを使って

 

「最短」でRFノウハウを習得するためのトレーニングを提供しています!!!

 

 

 

それではこれから『M所長と本気でRFを学ぶ覚悟』がある”あなた”を、徹底的に指導して、

 

無線をどんどん 教えていくので、これから一緒に勉強していきましょう!!!

 

 


 

 

「電波」とは、見ての通り「電気の波」と書きます!

 

なので、電波「電気」でできています!!!

 

 

でも、ただの電気ではありません!

 

電波とは、電界と磁界が組み合わさってできた電気です!

 

 

 

ここで、「電界」「磁界」という言葉が出てきましたが、

 

どちらも難しいものではありません!

 

 

 

電界とは「静電気のチカラ」のことです!

 

プラスプラスマイナスマイナスの電気が近づくと反発して、

 

プラスマイナスの電気は引き合う、あの静電気です!!

 

 

 

そして、磁界とは「磁石のチカラ」のことです!

 

NNSSの磁石が近づくと反発して、

 

磁石のNS引き合う、あの磁石です!!

 

 

 

ね?みなさん「静電気」「磁石」も知っていますよね??

 

なので、電波とは 「静電気」と「磁石」のチカラが組み合わさってできているものなのです!!!

 

 

 

 

ではもう1つ、みなさん「モーター」って知っていますよね?

 

ミニ四駆とかで使っている、あの「モーター」です!

 

 

モーターの仕組みは、グルグル巻きにした導線に電気を流すと

 

グルグル巻きにした導線が磁石になることを利用して回転しています!

 

 

つまり「電気が流れると磁石になります!」

 

 

 

これを、1秒間に100万回とか とてつもない回数

 

プラスマイナス電気を入れ替えると、この電気が空間を飛び出すようになります!

 

これが「電波」です!!!

 

 

 

あとの具体的な説明は、YouTubeでも説明しているので

 

見たことがある人も もう一度、見返してみてください!

 

このメルマガを読んだ後にもう一度見ると、

 

また少し印象が変わっているかもしれません!!

   

 

 

 

このように、RFエンジニア育成所では

 

本来の説明だと難しく感じる内容

 

「誰にでもわかる私たちの日常」を延長して、RFを教えています!!!

 

 

 

 

 

では、ここからさらに

 

RFエンジニア育成所、LIVE配信セミナーアーカイブ配信動画を1本プレゼントします!!!

 

 

 

この動画は、RFエンジニア育成所[有料会員]限定の動画です!

 

 

が、

  

こうして公式LINEに登録してくれて、

 

ここまできちんと読んでくれた

 

「RFエンジニア育成所で学びたい人」にだけ

 

こっそり見せちゃいます!!!

 

 

 

では、長々とおしゃべりしていても仕方がないので、

 

早速 次の動画をご視聴ください!!!

 

 ※YouTubeでも公開するようにしました!

 

 

ちなみに、さっき見てもらった LIVE配信セミナーは、不定期毎週土日祝の20時開催しています!

 

このLIVE配信セミナーは、誰でも無料で参加することができるので、

 

一緒に勉強したい方は、

 

まずは、RFエンジニア育成所 LINEコミュニティ」にご参加ください!

 

コミュニティへの参加も、もちろん「無料」です!

 

そして、いつでも退出できますし、変な勧誘なんかも一切ないのでご安心ください(笑)

 

ページ最下部にリンクを用意しているので、

 

このメルマガを最後まで読んだあとに、もし興味があったら参加してみてください!


 

電波が使える条件、使えない条件

 

極限まで噛み砕いて、簡単に説明すると…

 

 

「信号が雑音よりも大きいか?小さいか?」です!!!

 

 

 

ここで 信号とは、相手に伝えたい情報です!

 

そして、雑音とは、信号以外のすべてのエネルギーです!!!

 

 

 

 

例えば、電話をしていて、受話器から聞こえてくる音

 

相手に伝えたい情報=「信号」です!

 

 

そして、受話器から聞こえてくる「ザー」という言葉以外の音や、

 

隣の席に座っているおっさんの息遣いや、話し声などは全部「雑音」です!

 

 

 

 

つまり、自分にとって「欲しい情報」

 

自分にとって「いらない情報」同時に受け取ったとき、

 

「欲しい情報」のほうが「いらない情報」よりもレベルが大きくて

 

「欲しい情報」をしっかりと聞き取ることができるか?

 

これが通信の勉強の、最初の一歩です!

 

 

 

 

そして、この通信(=情報の交換)

 

線を繋がずに「無線」で実現したもの

 

無線通信です!!!

 

 

 

 

 

「M所長」と 今このメルマガを読んでくれている「あなた」が、

 

こうして繋がっているのも「無線通信」です!

 

 

だって、M所長とあなたの間には、

 

糸電話のように物理的に繋がっている線はありませんよね?

 

 

 

 

そして、こうして私たちが線を繋がずに情報を交換できている仕組みはこうです。

 

 

情報を電気信号に変換し、

 

電気信号を電波に変換し、

 

電波を空間に送信し、

 

 

その電波を受信し、

 

その受信した電波を電気信号に変換し、

 

その電気信号を情報に変換して

 

あなたは今、こうして このメルマガを読んでいます。

 

 

 

 

なので、M所長あなたは、

 

物理的に繋がっていなくても、

 

こうして無線で繋がっています!!!

 

 

 

 

 

 

この信号と雑音の話は、次のセミナー動画で詳しく解説しているので、

 

もし、まだ見たことがなかったらご覧ください!

   


   

電波が届く距離には限界があります。

 

では、その限界とは一体 どのようなものでしょうか?

 

 

 

ここで「電波が飛ぶ距離」は、

 

音が聞こえる距離をイメージすると、とても簡単に理解できます!!!

 

 

 

 

 

例えば、大声で歌を歌いました。

 

その歌声は、1m離れた人には はっきりと聞こえます!

 

そして、10m離れた人にも その歌声は聞こえています!

 

 

 

しかしこのとき、距離が遠く離れるほど、

 

聞こえる声の大きさは小さくなりますよね?

 

 

 

 

これとまったく同じように、

 

電波も距離が遠く離れるほど、届く電波の大きさは小さくなります!

 

 

 

 

この前、電波は「電界」「磁界」でできている。

 

と、説明しましたよね?

 

 

 

そして、電界「静電気のチカラ」のことで

 

磁界「磁石のチカラ」のことだと説明しました。

 

 

 

 

ではこの「静電気のチカラ」「磁石のチカラ」

 

距離が遠くなるほど、どうなりますか?

 

 

もちろん、距離が遠くなるほど「そのチカラは弱くなります」よね?

 

 

 

だから、「静電気のチカラ」と「磁石のチカラ」でできている電波も

 

距離が遠くなるほど、弱くなるのです!!!

 

 

 

 

 

 

 

ここで、参考書などで電波について勉強を始めると

 

理論や数式ばかりで、とても難しく感じるのですが、

 

実はどれも、既に私たちがよく知っている 日常生活の延長にすぎません!

 

 

 

なので、既に私たちが知っているところから、

 

1つずつ順番に勉強していけば、誰でも簡単に無線を理解できるのです!!!

 

 

この内容は、次のYouTubeでも説明しているので、

 

まだ見ていない方は、是非ご覧ください!!!

 

 


   

無線で扱う信号には、たくさんの種類がありますが、

 

すべての信号の種類を理解する必要はまったくありません!!!

 

 

なので、今から説明するのは「必要なことだけ」です!

  

 

 

 

まず、無線で使う信号の種類には、

 

・振幅変調(AM)

 

・周波数変調(FM)

 

・位相変調(PM)

 

・振幅偏移変調(ASK)

 

・位相偏移変調(PSK)

 

・振幅位相偏移変調(APSK)

 

・直交位相振幅変調(QAM)

 

など…、色々あります!!!

 

 

 

 

 

ここで、信号の名前の最後には みんな「変調」と付いていますね?

  

この「変調」とは、相手に伝えたい情報を変化させる方法のことです!!!

   

ではこの「変調」無線とは別のモノに例えると「言葉」です!!!

 

 

 

例えば『おはよう』と相手に伝えたいとき、

 

 

日本語で「おはよう」

 

英語で「Good Morning(グッドモーニング)」

 

中国語で「你好(ニーハオ)」

 

フランスで「Bonjour(ボンジュール)」

 

アラビア語で「صباح الخير」

 

など

 

 

数えたらキリがないほどの言葉の種類がありますよね?

 

 

 

 

 

この「言葉の種類」「無線の変調」は一緒です!

 

 

日常生活で、「日本語」「英語」は知っておいたほうがいいですが

 

「アラビア語」なんて、普段の生活で使うことないですよね?

 

 

 

 

これとまったく同じ感覚で、

 

無線すべての信号の種類知っている必要はありません!!!

 

 

 

なので、あなたが使うものだけを 理解していれば十分です!

 

私も、単語と意味は知っているものの、実際に仕事で使っているものは このうちのいくつかです。

 

 

 

 

なので、あなたも、自分に必要なものだけ覚えればOKです!

 

使うことがない、無駄な知識よりも、

 

よく使う、必要な知識のほうが遥かに多いので、

  

まずは、よく使う知識どんどん一緒に勉強していきましょう!!!

 

 

 

 

変調についての説明は、YouTubeシリーズ解説しているので、

 

まだ見たことがない人は、是非ご覧になってください!

 





 

 

無線を勉強するうえで「周波数」は、決して欠かせないワードです!

 

 

 

 

なので、「周波数」について説明しておくと…

 

 

周波数とは「1秒間に波が振動する回数」のことを言います。

 

そして、周波数の単位「Hz(ヘルツ)」と言います!

 

 

 

よく、一般家庭のコンセントの電源

 

「50Hz」とか「60Hz」って言いますよね?

 

 

これは、コンセントから出てくる電圧が、

 

1秒間に50回 または 60回

 

波のように振動していることを意味しています!

 

 

 

 

ここまでは、小中学生の理科でも勉強している内容なので、

 

誰でもすぐに理解できると思います。

 

 

 

 

 

では、無線における「周波数」とは

 

一体どのようなものなのでしょうか???

 

 

 

その答えは、

 

1秒間に振動する回数が、めちゃくちゃ多くなると電波になります!!!

 

 

 

では、具体的にどのくらいの回数か?というと、

 

 

1秒間に100万回とか、10億回とか

 

とてつもない回数で電気が振動することで 電波になります!!!

 

 

 

 

ここで「電気を振動させる」というのは

 

プラスマイナス電気を入れ替えることを意味しています。

 

 

 

そして、電波が空間を飛んでいく仕組みは 先ほど説明しましたね?

 

 

 

 

 

 

つまりは、無線電波を勉強するうえで

 

最初に抑えなければならないポイント

 

 「電気をプラス/マイナスに超高速で振動させると、電波になる!」

 

ということです!

 

 

 

 

なので、無線の設計とは

 

「上手に・無駄なく・効率的に 超高速で電気をプラス/マイナスに振動させること」

 

を、電気回路で作り出しているのです!!!

 

 

 

 

 

 

では、そんな無線理解するためには

 

「無線の専門用語をたくさん理解しないと、当然理解できません!」

 

 

 

 

これは、英語を理解するために、アルファベット(abc…z)を覚えるのと一緒です!!

 

 

 

 

英語を勉強するときも、

 

 

最初にabcを覚えて、

 

次にアルファベットを組み合わせると単語になり、

 

単語を組み合わせると文になることを勉強しますよね?

 

 

 

 

 

この流れは、無線もまったく同じです!

 

みなさんは「あいうえお」の文字はもう読めるので、

 

次に覚えるべき内容は、「単語(=専門用語)」です!

 

そして最後に、専門用語を組み合わせた文を理解できれば、RFをマスターできます!

 

 

 

 

 

ここで、単語(=専門用語)理解するには「イメージ」が必要です!

 

 

「りんご」を見たことがない人に、

 

言葉だけで「りんご」を正確に説明するのは不可能です!

 

 

 

「りんご」を はじめて子どもに教えるのであれば、

 

実物の「りんご」を見せて、食べさせないと理解できません!

 

(小さな子どもに、色々な言葉を用いて説明しても理解できませんよね!?)

 

 

 

 

 

なので、無線の場合でも

 

覚え方は「りんご」と一緒です!

 

 

 

1つの無線の専門用語に対して、

 

必要なのは言葉の説明ではなくて、イメージです!

 

 

従って、RFエンジニア育成所では

 

イメージを使った解説を心掛けています!

 

 

 

それでは、以下に YouTubeで説明している「周波数」についての解説動画を掲載しておきます。

 

まだ、見たことがない人は、必ずご覧ください!

 

 


 

 

『何故RFが難しいのか?』

 

その理由がわかれば、RFの学習方法が自然とわかってきます!

 

 

そして、RFの正しい勉強方法がわかれば、

 

あとはコツコツとトレーニングを積み重ねていくだけです!!!

 

 

 

 

 

例えば、あなたは「腕相撲」がとても弱いです。

 

そして、何とかして「腕相撲」強くなりたいとします!

 

でも、あなたは「何故、自分は腕相撲が弱いのか?」理由がわかりません。

 

そこでとりあえず、現状をなんとかするために「ジム」に通い始めました!

 

そして、毎日毎日トレーニングを積み重ねます!

 

 

しかし、「何故、自分が腕相撲が弱いのか?」わかっていなかったので

 

ジムのトレーニングメニューに従って、ランニングをしたり、身体全体をまんべんなく鍛えていました…

 

 

 

でも「腕相撲」が強くなりたければ、

 

ランニング足腰を鍛えるのではなく、

 

ダンベルや腕立て伏せをして、徹底的に「腕」を鍛えるべきですよね!!?

 

 

 

つまり「何故、RFを理解することが難しいのか?」理解できていない状態というのは、

 

『何をすれば、RFを学ぶことが簡単になるのか?』知らない状態です!!!

 

 

 

 

なので、本気でRFをマスターしたいのであれば、

 

寄り道遠回りなど無駄なことはせずに、

 

どうしたら「一気に最短ルートでRFをマスターできるのか?」

 

その学習方法を理解する必要があります!!!

 

 

 

 

 

 

 

では みなさん、

 

「こんな経験はありませんか?」

 

 

無線の仕事に就いたのはいいが、教えてもらっても全然わからない…

 

無線の勉強をするために、ネットで調べたり、参考書を買って読んだけど、ぜんぜん理解できない…

 

 

 

 

 

実はこれ、・・・

 

今 RF業界の最前線で大活躍しているトップエンジニアも、

 

理系の大学を卒業した学生も、

 

日本最高難度の無線の国家資格を自力で取得した努力家も、

  

 

最初はみんな『無線について実用的なノウハウを何も持っていません!!!』

 

←これ全部、昔の私のことを言っています(笑)

 

 

 

 

 

そして「どんなに優秀な人」でも、

 

これまで「たくさん勉強した人」でも、

 

無線は『最初は誰かに教えてもらってもよくわからない、

 

自力で勉強しても、ぜんぜんわからないもの』なのです!!!

 

 

 

 

では、なぜ無線を勉強することは こんなにも難しいのでしょうか?

 

その答えは、「無線を扱った経験」が不足しているためです!!!

 

 

 

 

 

例えば、初めて英語を勉強するとき「英語の先生」から英語を習いますよね?

  

英語の勉強をはじめたとき、独学で参考書を読んだだけではアルファベット26文字すら 正しく発音できません!

 

また、文法を理解できたとしても、実際の英語を聞く・話す経験をしていなければ

 

「英語を聞く耳」も「英語を話す口」も育っていません!

 

 

 

なので、例え 英語のテストで満点を取る実力があったとしても、

 

「実際に外国人と会話した経験」がないと、実際に英語を使えるスキルが身に付きません!

 

 

 

 

 

 

つまり「初めて無線の勉強をするとき」というのは 参考書の内容は頭に入っていても、

 

「実際に英語を聞いたり、話したりしたことがないので、英語を活用できていない状態」と同じなのです!

 

 

 

 

 

そこで、ここまでのメルマガを読んでみていかがだったでしょうか?

 

きっと、これまで聞いてきた電波の説明の中で、「一番わかりやすかった」はずです!!!

 

 

 

それもそのはず、

 

ここで提供している電波の説明は、全部「RFエンジニア育成所の完全オリジナル」です!!!

 

 

そして、これらは M所長10~20年、毎日無線の仕事を通して得た経験と、肌で感じた感覚を

 

皆さんが既に知っているものに置き換えた説明です!

 

 

 

つまり、ここで提供している「電波」の説明が、

 

他のどの参考書や解説サイト、学校の先生の説明よりもわかりやすかったのは

 

M所長がこれまで無線を扱ってきた経験が、大量に注ぎ込まれているからなのです!!!

 

 

 

 

このように、

 

プロのRFエンジニアが磨いてきた考え方や知見を見聞きすることで、

 

RFを使いこなすプロの経験を疑似体験することができます!!!

 

 

 

そしてこの疑似体験は、自分が体験するよりも遥かに効率よく、完成された道を歩むことができるので

 

失敗するリスクも、道を踏み外して無駄な時間を消費することもなく

 

「最短でRFを習得することができる唯一の方法」です!!!

 

 

 

 

 

このRFエンジニア育成所では、

 

他にも大量のRFの専門知識を、皆さんがよく知っているものに置き換えて

 

M所長がこれまで積み重ねてきた経験を「疑似体験」できるように解説しています!!!

 

 

なので、本気でRFを学びたい人は、どんどんRFエンジニア育成所を活用して、

 

最短ルートでプロのRFエンジニアへの道を歩んでいきましょう!!!!!

 

 

 

 


  

では今回は、「VSWR」というRFの専門用語について解説してみます!

 

このVSWRは、無線を扱ううえで”必ず使う専門用語”です!

 

 

 

 

まず、初めて学校仕事でこのVSWRという単語に出会った人が

 

ネットでこの単語を調べると、次のように出てきます。

 

 

定在波比 (ていざいはひ、SWR: Standing Wave Ratio) は、

 

交流の伝送線路における進行波と反射波の関係を示す数値であり、

 

主として高周波で有用な概念である。

 

 

電圧の比を扱うことが多く、

 

この場合は特に電圧定在波比 (VSWR: Voltage Standing Wave Ratio) と呼ばれる。

 

VSWRはVSと俗称されることがある。

 

 

無線通信で送信を行う際にはアンテナの定在波比の測定が必須と言える。

 

Wikipediaより

 

 

 

 

 

みなさん、この説明を読んで

 

「VSWR」が何を意味しているのか?理解できましたか?

 

 

 

 

初めて「VSWR」を勉強する人にとっては

 

たとえ日本語で書かれていたとしても

 

この説明では「何を意味しているのか?」絶対にわかりません!!!

 

 

 

 

 

それではここで、「VSWR」についてRFエンジニア育成所が会員様に向けて説明した

 

セミナー動画をプレゼントします!

 

※2023/5/19に YouTubeでも無料公開しました!

 

 

 

ここまできちんとメルマガを読んでくれた 熱意ある”あなた”であれば

 

きっと、気に入ってもらえるはずです!!!

 

 

 

 

そしてこの動画を見て、

 

RFエンジニア育成所のM所長が 如何にわかりやすく、

 

超初心者に向けて力を注いだ解説をしているのか?

 

確認してください!!!

 

 

そして、プロ目線のRFの世界を疑似体験してください!!!

 

 


 

 

 

 

最後までご視聴いただきありがとうございました !

 

それでは、後日 ご登録頂いたメールアドレスに

RFエンジニア育成所「お試し入会」等のご案内

をさせていただきます!

 

なお、次回の「お試し入会」の開催は ”未定” です!

 

(理由1)現会員様のサポート充実のため

(理由2)お試し入会を開催しなくても入会される方がたくさんいるため

 

 

 

なので、次の「お試し入会」を待ちきれない方は

無料で50本のセミナー動画を用意したので、これを視聴して次回の開催案内をお待ちください!

詳細は、このページの最下部(Extra4の下)に記載しています!

 

 







Extra1

 

「スペアナ解説だけ、何とか見れませんか???」

 

という方からのリクエストが本当に多かったので、

 

12本の有料セミナー動画を、無料でYouTubeで公開しています!

 

 

勉強したい方は、お役立てください!

 


Extra2

 

さらに、EMC解説も追加しちゃいました!(社会貢献です!笑)

ぜひ、RFエンジニア育成所で無線を学んでください!

 

No.95

No.96

No.97

No.98


No.99

No.100

No.101

No.102



Extra3

 

さらにさらに! 一陸技対策セミナーの一部も YouTubeで無料公開しちゃっています!

私はすでに、他の受講生の皆様および企業様から 十分な収益をいただいております。

 

なので、ご入会者様たちの損にならない範囲で、

このような数々の「有料動画の一部 無料公開」が実現しています!

 

ご入会された皆さま、いつも本当にありがとうございます!!!

 

「無線工学A」対策セミナー#1

「無線工学A」対策セミナー#4

「無線工学A」対策セミナー#7



Extra4

 

「無線を究めるオンラインスクール」有料会員限定動画

LIVE配信セミナー アーカイブ配信50本(No.1~50)

を、YouTubeで無料公開しました!!!

 

もっと一緒に勉強したい方は、

次のリンク先に詳細がまとめられているので、ご確認ください!

 

 

 

そしてこの「LIVE配信セミナー」は、毎週土日祝20時からZoomで開催しています!

そして、リアルタイムでの参加は「完全無料」となっています!

 

なので、一緒にみんなで勉強したい方は、ぜひご参加ください!

「LIVE配信セミナー」の参加案内は、以下の「LINEコミュニティ」で連絡しています。

 

  

このLINEコミュニティでは、次の配信を行っています!

 

◆有料会員限定動画更新のお知らせ

◆YouTube最新動画更新のお知らせ

◆無料オンラインセミナーのお知らせ

etc

 

なので、今後すべての情報を受け取りたい方は ”今すぐ” コミュニティにご参加ください!

そして、今後の配信は 興味がある方にだけに配信したいので 「コミュニティ限定」で配信しています!

なお、このLINEコミュニティは 「いつでも簡単に退出可能」なのでご安心ください!

情報を受け取るだけであれば、誰でも無料で受け取れます!

 

===================================================

※このコミュニティは、無線の勉強をはじめた初心者が集まる場所です。

 

そして、次のような「初心者の方たちが安心できるコミュニティ」にしたいと思っています。

 

◆初心者の人たちが安心して、M所長に質問・相談できる

◆無線についての未熟者同士が称え合える

◆他の人の質問を見かけて、自分では気づくこともなかった学びがある

 

なお「初心者の気持ちに寄り添えない不適切な発言が多い」と私が判断した方には、

発言を控えるようにお願いしたり、

場合によっては「強制退出」の処理をさせていただきます。

 

「自由な意見と配慮に欠けた言葉を一緒にしないでください。」

 

なので、初心者のみなさんは、

安心してコミュニティを利用してもらえると嬉しいですし、

経験者の方でも、初心者の方に思いやりのある方に参加してほしいです。

 

 

それでは、これから私たちと一緒に、RFを勉強していきましょう!!!

 

「LINEコミュニティ」(リンク)


Extra5

 

トランジスタについての解説も始めました!

「トランジスタ回路設計入門講座」

有料会員限定動画の一部をYouTubeでも無料公開しています!!

 

Sample1

Sample2


Sample3

Sample4

Sample5